HOUSE CLEANING with up 株式会社ウィズアップ

ハウスクリーニング以外のお仕事

■ 高齢化という言葉は、決して後ろ向きな言葉ではありません

私共ウィズアップは、平成13年よりマンションの管理員業務というお仕事をさせて頂いております。本業であるハウスクリーニングは、住居内をキレイにする為のお仕事であり、管理員業務はマンションの共用部分の美化とフロント業務を行うお仕事でございます。私共が考えるマンションの管理員業務とは、小窓の向こう側で座っているだけの仕事ではなく、勤務時間の90%をマンションの美化に費やすお仕事と認識しております。そして、この業務に従事するスタッフは、すべて60歳以上のスタッフで構成しています。
ハウスクリーニングという業務以外にこの業務を開始するきっかけになったのが、この国の高齢化問題でした。世間では、未だ高齢化という言葉を後ろ向きに捉えられている方が多くおられます。しかし私共では、現在の高齢者と言われる方々は戦後の高度成長期にご活躍され、経済大国を作り上げられた方々でありますので、定年退職された後も、少なからず社会に携わりたいとお考えの方々が居られると考え、当業務を開始致しました。
その結果、現在のウィズアップには60歳を超えるスタッフが約50名所属しています。現在の最年長者は、今年で78歳になります。この業務を開始し、仕事は年齢でするものではないと改めて考えさせられました。仕事に対する責任感や自己の健康管理は、本当に見習わなければならないと日々感じています。そして、私共のような零細企業には彼らが過去にしてきた経験が大きな財産になっています。組織が成長する過程には、必ず立ち塞がる壁があります。その壁を乗り越える際には、様々な視点から物事を考えなければならないと思います。そんな時に経験というものが役立つのだと考えております。

現在のウィズアップは、マンションの管理員業務で高齢者と言われる方々を積極的に雇用しておりますが、働きたくても働けない方が未だ沢山居られることと思います。この国でお仕事をさせて頂く以上は、社会環境に役立つ会社で在りたいと、おこがましいですが考えます。今後は、更に精進を重ね沢山の社会の先輩方と共にお仕事をさせて頂ける環境を作ることも私共ウィズアップの務めだと考えます。

もし、偶然にもこのページをご覧下さった方が居られましたなら、ご高齢の方が相応しいお仕事がまだまだあると思いますので、高齢者雇用について一度お考え頂ければ幸いです。